*

大阪から世界自然遺産「知床」へ飛行機で行く

公開日: : 最終更新日:2016/01/09 知床

知床

全体旅程

乗車時間合計 約5時間10分
運賃合計 片道71620円

大阪駅
下矢印 徒歩 約5分
梅田(阪急線)
下矢印 阪急宝塚塚本線 約15分 220円
蛍池
下矢印 大阪モノレール 約3分 200円
大阪空港(大阪モノレール)
下矢印 徒歩 約5分
大阪国際空港(伊丹空港)
下矢印 飛行機(JAL、ANA) 約105分 44500円
札幌(新千歳空港)
下矢印 飛行機(JAL、ANA) 約45分 23500円
女満別空港
下矢印 エアポートライナー
(網走バス、斜里バス)
約2時間10分 3200円
ウトロ温泉バスターミナル

北海道の果ての地、自然遺産「知床」。ヒグマやエゾシカが生息する自然豊かな場所です。
大阪から知床まで行くには、飛行機で行くのがもっとも現実的。ただ、航空券は通常料金で買うととても高いので、パックツアーや格安航空券、フリーツアーなどをうまく利用していくとお得に旅行できます。

知床へ飛行機でのアクセスを考えるとき、いくつかの選択肢があります。
今回は知床にもっとも近い女満別空港経由のパターンを紹介しましたが、中標津空港や釧路空港からも行くことができます。私が知床を訪れた際には、釧路空港でレンタカーを借り、釧路湿原や摩周湖、阿寒湖を観光しながら知床に向かいました。
スケジュールや予算、体力に合わせていろいろな知床ツアーを組むことができます。

近畿日本ツーリストの関西圏発知床ツアーを見る



知床でのおすすめ観光スポットやアクティビティは以下で詳しく紹介しています。
東京から世界自然遺産「知床」へ飛行機で行く-日本の世界遺産への行き方

世界自然遺産・知床周辺で宿泊するなら

知床世界遺産センターにも近い「ウトロ温泉地区」が便利

知床での世界自然遺産観光の拠点として一番便利なのは斜里町のウトロエリアです。この地域には温泉旅館やホテル、民宿が立ち並び、宿探しには困りません。自分の予算や、旅のスタイルにあった宿泊施設を選ぶことができます。
知床第一ホテル」や「知床グランドホテル 北こぶし」のようなサービスの行き届いたホテルに泊まるもよし、「温泉民宿 酋長の家」や「民宿たんぽぽ」のようにアットホームな民宿で地元ならではの料理を楽しむもよし、です。

ウトロ温泉の宿をじゃらんで探す

世界遺産・知床を遊びつくすなら羅臼温泉方面にも

知床というと、知床世界遺産センターや知床五湖、フレペの滝などがある斜里町のウトロ地区が観光客が多いですが、羅臼町もまた知床の観光拠点のひとつです。羅臼では羅臼だけのトレッキング、冬には知床海獣ツアーなどが開催されており、ウトロ地区とはまた違う楽しみ方ができます。
羅臼地区で宿泊するのであれば、羅臼温泉エリアの「陶灯りの宿 らうす第一ホテル」や「ホテル峰の湯」がおすすめです。

関連記事

知床-羅臼岳

東京から世界自然遺産「知床」へ飛行機で行く

全体旅程 乗車時間合計 約4時間30分 運賃合計 片道45090円 JR東京駅 JR

記事を読む

PAGE TOP ↑