*

冬に訪れたい日本の世界遺産特集

公開日: : 最終更新日:2016/01/09 日本の世界遺産特集

冬の白川郷の夜景
年の瀬もせまり、本格的な冬になってきました。
今回は冬に訪れたい日本の世界遺産の特集です。
雪景色の世界遺産は、普段とは一味違う雰囲気となるため、また異なった趣を味わえます。

日本の冬といえば白川郷の合掌造り集落

雪が降る白川郷合掌造り集落photo by 白川村役場
日本の冬を代表する世界遺産といえば、間違いなく白川郷の合掌造り集落です。
豪雪地帯に存在するこの世界遺産は、「冬の間の雪に対応するため」あの屋根の形をしています。
冬の間はライトアップイベントも行っているため、一度は訪れてみたい冬の世界遺産です。
冬の青白い暗闇の中に照らし出される合掌造り集落、幻想的です。

また、白川郷には冬季限定で宿泊することができる冬季限定の合掌造りの宿 山本屋があります。
冬に行くのであれば、一度は宿泊したい宿ですね。

白川郷周辺の宿をじゃらんで探す



冬こそ日本最北端の世界遺産!知床で遊びつくす!

冬の知床、流氷とオジロワシphoto by 知床羅臼町観光協会
寒い冬こそさらに北へいきましょう。
知床の冬は、本州では味わえない体験が沢山できます。
中でもお勧めなのが、「知床海獣ツアー
知床羅臼の海に冬にだけ現れるトドの群を見に行くツアーです。
他にも、流氷や冬にやってくる天然記念物のオジロワシ・オオワシのバードウォッチングなど、冬でも見所沢山です。
詳しくは、以下記事や知床斜里町観光協会HP知床羅臼町観光協会HPをご覧ください。
東京から世界自然遺産「知床」へ飛行機で行く
大阪から世界自然遺産「知床」へ飛行機で行く

雪景色が見れればラッキー!?冬の京都観光

雪の金閣寺
冬の京都観光は春や秋に比べると観光客が少なく、ゆっくりとみて回ることができます。
そして、雪が降った朝の京都の世界遺産、特に金閣寺などは本当にきれいです。
冬の京都は意外に寒いですが、それを我慢できるのであればおすすめです。

冬の京都観光で冷えた体は、嵐山温泉でゆっくりと暖めてください。
嵐山温泉の宿を探す

冬は苦手、暖かい南の島 小笠原諸島へ!

冬といえば寒さや雪のイメージがありますが、それが苦手な人も多いと思います。
そんなときには南の島へいきましょう!夏に比べると、おがさわら丸のチケット入手も比較的容易。
気温も東京の1月の平均気温が6.5度なのに対して小笠原は18.3度。もう天国です。
また、2月~4月は小笠原諸島周辺にザトウクジラの群が多く集まる時期でもあります。
そのため、クジラウオッチングツアーも開催されているので、大きなクジラを生でみたい!という人にもお勧めです。
寒い冬が苦手な方は是非小笠原へいってみてはどうでしょうか。

関連記事

姫路城の桜

春に訪れたい日本の世界遺産

photo by フォト蔵 そろそろ暖かくなり、春の訪れを感じる季節になってきました。

記事を読む

日本の世界遺産の紅葉特集

紅葉が綺麗な日本の世界遺産特集

そろそろ紅葉がきれいな季節になってきました。 今回は日本の世界遺産で紅葉が綺麗なところ特集

記事を読む

PAGE TOP ↑