*

大阪から石見銀山へ電車とバスでいく

公開日: : 最終更新日:2016/01/09 石見銀山遺跡とその文化的景観

石見銀山

全体旅程
乗車時間合計 約5時間5分
運賃合計 片道11120円

大阪駅
下矢印 JR東海道本線 約3分 10390円
新大阪駅
下矢印 JR新幹線 約45分
岡山
下矢印 JR特急やくも 約3時間5分
出雲市
下矢印 JR山陰本線 約40分
太田市駅
下矢印 路線バス 約30分 730円
石見銀山世界遺産センター

石見銀山世界遺産センターへ向かうバスは、JR太田市駅のほかにJR仁万駅前からもでているが、太田市駅前からのほうが本数が多いため便利。



石見銀山で泊まるなら

石見銀山唯一の宿 ひろた屋

石見銀山のある大森町地区には宿が一軒しかありません。
ひろた屋さんは銀山の街にあるため、世界遺産の街の雰囲気たっぷりです。
石見銀山唯一の宿 ひろた屋

ちょっと足を延ばして温泉津温泉へ

温泉津温泉郷は「石見銀山遺跡とその文化的景観」の一部として世界遺産に登録されている歴史ある温泉街です。
こちらにも温泉宿がいくつかあるため、石見銀山観光のあとは温泉でゆっくり、というのもいいかもしれません。
温泉津温泉へは、石見銀山からバスで大田市駅へ向かい、そこから電車で温泉津駅へ向かう方法と、温泉津温泉乗り合いタクシーを利用する方法があります。
温泉津温泉乗り合いタクシーは、16時30分発の一便のみですが、宿の前まで送り迎えをしてくれるので便利です。

また、温泉津温泉では、「夜神楽」や「石見神楽」と呼ばれる伝統芸能の公演が毎週土曜の夜にあります。
神が舞い、鬼が現れ、大蛇がのたうつ大迫力の演舞はこの地方でしか体験できません。
温泉津温泉 夜神楽

温泉津温泉郷の旅館をじゃらんで探す

関連記事

記事はありませんでした

PAGE TOP ↑